一般財団法人河川情報センター

(一財)河川情報センターは、防災・減災に役立つ河川・流域情報を
適時的確に提供しています。
ホーム > 社会貢献 > 研修 > 2020年 河川情報取扱技術研修
2020.10.01 更新

2020年 河川情報取扱技術研修


今年度で第26回を迎える河川情報取扱技術研修は、10月13~16日に当社(東京都千代田区)で開催を予定しておりましたが、新型コロナウィルスの影響に鑑みて、Web上で受講できる方式に変更いたしました。


 研修プログラム

プログラム一覧(PDF)


■「河川情報と防災」

講師:(一財)河川情報センター 理事長 布村 明彦

概要:開講の挨拶及び、河川情報の防災への利活用について説明


講義資料PDF


■「治水と水防災の連動に向けた河川情報の的確な適用」

講師:(一財)河川情報センター 河川情報研究所長 辻本 哲郎

概要:河川の計画策定、設計、維持管理、水防災(ハザードマップなどの計画からリアルタイムの高水・はん濫対応)の各段階でプロセス・量の間に矛盾がないよう、河川情報を的確に適用することの重要性について講述


講義資料PDF


■「国土交通省の河川情報施策」

講師:国土交通省 河川情報企画室長 平山 大輔

概要:河川情報の提供、革新的河川技術プロジェクト等の新技術とインフラDX(デジタル・トランスフォーメーション)、避難行動につながる情報発信等の取り組みについて説明


講義資料PDF


■「河川管理に関する最近の話題」

講師:国土交通省 河川保全企画室長 青野 正志

概要:河川の維持管理および危機管理管理に関する最近の話題について説明


講義資料PDF


■「河川情報の活用方法」

講師:(一財)河川情報センター 研究第2部長 田所 正

概要:川の防災情報、川の水位情報等の河川情報提供システムの活用方法について説明

川の防災情報

水文水質データベース

CommonMP(最新のブラウザでは完全に表示されない可能性があります。)


■「水文観測の基礎」

講師:(一財)河川情報センター 審議役 栗城 稔

概要:降水量・水位・流量観測の基礎について説明


講義資料PDF


■「観測機器の概要と取扱」

講師:株式会社 拓和 柳町 年輝(前(一財)河川情報センター 研究第2部 研究員)

概要:降水量・水位・流量観測の各測器の計測原理の説明


講義資料PDF


■「観測機器における不具合事例集の紹介」

講師:(一財)河川情報センター 研究第2部 研究員 大井 裕樹

概要:水文観測の現地において発生する不具合と対応策についての事例紹介


講義資料PDF


■「画像解析法による流量の算出」

講師:(一財)建設工学研究所 神戸大学名誉教授 藤田 一郎
   (一財)河川情報センター 研究第2部 主任研究員 本永 良樹

概要:河川の流れを撮影した動画から河川流速を求める手法の代表的なものであるSTIV法の理論を講義するとともに、実際に市販の解析ソフトを用いて同手法による河川流量算出を実演


講義資料PDF①
講義資料PDF②

防災情報の提供

国土交通省 川の防災情報
川の防災情報 English
川の水位情報
水防災オープンデータ提供サービス
commonMP