一般財団法人河川情報センター

(一財)河川情報センターは、防災・減災に役立つ河川・流域情報を
適時的確に提供しています。
ホーム > 社会貢献 > 大学等への研究助成 > 令和元年度 河川情報センター研究助成成果報告会 開催レポート
2019.05.30 更新

令和元年度 河川情報センター研究助成成果報告会 開催レポート

(助成期間 平成29年11月~平成30年10月)

報告会当日は、各発表に対する質疑応答や意見交換において、熱心な議論がなされました。

開 催 日 :令和元年5月23日(木)

場  所 :いきいきプラザ一番街(千代田区一番町12)
参加人数 :約100人

■基調講演■

 島本 和仁 
 白波瀬 卓哉(代理)
〔国土交通省水管理・国土保全局 河川計画課 河川情報企画室長〕
〔国土交通省水管理・国土保全局 河川計画課 課長補佐〕
河川情報の伝え方へのアプローチ
★当日使用したPPT

 

■発表■

 瀧 健太郎 〔滋賀県立大学 環境科学部 准教授〕
「水害リスクに応じた地域防災力の向上戦略」に関する研究
★当日使用したPPT

 金井 純子 〔徳島大学 創新教育センター 助教〕
「豪雨災害時に対する高齢者施設の避難確保計画及び避難訓練の実効性を高める研修ツールの開発」に関する研究
★当日使用したPPT

 牧 紀男 〔京都大学防災研究所 社会防災研究部門 都市防災計画研究分野 教授〕
「シナリオによって変化する水害シミューレーション情報の適切な提示手法」に関する研究
★当日使用したPPT

 二瓶 泰雄 〔東京理科大学 理工学 土木工学科 教授〕
「多地点高密度水位観測を活かした洪水予報用力学的内外挿法の開発・応用」に関する研究
★当日使用したPPT

 高橋 時市郎 〔東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科 教授〕
「人工知能を用いた都市部の水害情報の自動収集」に関する研究
★当日使用したPPT


過去の助成テーマ 

防災情報の提供

国土交通省 川の防災情報
川の防災情報 English
川の水位情報
水防災オープンデータ提供サービス
commonMP