一般財団法人河川情報センター

(一財)河川情報センターは、防災・減災に役立つ河川・流域情報を
適時的確に提供しています。
ホーム > 社会貢献 > 研究助成 > 令和3年度の助成研究者が決定いたしました。
2021.10.13 更新

令和3年度の助成研究者が決定いたしました。

令和3年度(第15回)研究助成は、25件の応募の中から審査委員会での厳正な審査の結果5件を採択いたしました。



■令和3年度 採択者

令和2年度からの継続研究3件を承認 (50音順)
研 究 名 所 属 氏 名 研究期間
1 水害リスクにさらされている企業や工場等の危険源の把握とタイムラインによる地域の安全確保の枠組みの設計  香川大学
IECMS地域強靭化研究センター
特命准教授
磯打 千雅子 2年
(R2~R3年度)
2 気候変動に対して頑健な洪水流出解析 東京大学
工学系研究科 附属総合研究機構
准教授
澤田 洋平 2年
(R2~R3年度)
3 中小河川流域を対象にした雨量の不確実性とAIを応用した洪水予測モデル 常翔学園 大阪工業大学 工学部
都市デザイン工学科
特任教授
田中 耕司 2年
(R2~R3年度)


令和3年度は25名中5名を採択
研 究 名 所 属 氏 名 研究期間
1 水害リスク情報を活かした住宅減災復興の促進モデル 神戸大学
大学院工学研究科建築学専攻
准教授
近藤 民代 1年
(R3年度)
2 内水氾濫による突発・局所災害の時系列発生状況の把握と地域住民への情報伝達方法 東京都市大学
建築都市デザイン学部 都市工学科
教授
伊藤 和也 1年
(R3年度)
3 道路・市街地の冠水のリアルタイムモニタリング 東京電機大学 総合研究所
教授
小林 亘 2年
(R3~R4年度)
4 伊勢湾台風の広域避難とその解消プロセス
-海抜ゼロメートル地帯の復旧戦略に向けて-
名古屋大学 減災連携研究センター
強靭化共創部門
特任准教授
荒木 裕子 2年
(R3~R4年度)
5 洪水浸水シナリオ体験型避難支援webアプリ「雨トレ」の開発 株式会社ウエスコ
神戸支店
松田 哲裕 2年
(R3~R4年度)

防災情報の提供

国土交通省 川の防災情報
川の防災情報 English
川の水位情報
水防災オープンデータ提供サービス
commonMP