トップページなるほど川の豆知識実務技術者のためのレーダ雨量計講座(平成22年2月更新) English
実務技術者のためのレーダ雨量計講座(平成22年2月更新)
 これは、レーダ雨量計による降雨の観測をわかりやすく説明するとともに、全国に26基ある国土交通省のレーダ雨量計の降雨観測結果を、合成して作成する合成レーダ雨量についても説明するものです。

 レーダ雨量計による降雨観測
  1.レーダ雨量計の観測原理   4.レーダビームの遮蔽
  2.レーダ雨量計の観測範囲   5.グランドクラッター等
  3.受信電力Prの測定   6.運用仰角と仰角合成

 
 雨量強度Rrの解析
  1.レーダ方程式   2.Z〜R関係による雨量強度の算出
   ─(受信電力Prとレーダ反射因子Zの関係)─

 レーダ雨量計の観測特性
  1.レーダ雨量観測値の変動   3.レーダ雨量観測の誤差と対応
  2.観測高度

 レーダ雨量計全国合成システム(特許取得済)の概要
  1.均質化補正   3.地上雨量によるメッシュ補正
  2.レーダ雨量計の全国合成ルール   4.新しいレーダ雨量合成結果

 レーダ雨量計の利活用
  1.防災情報の提供   4.災害情報のリアルタイム検索(特許取得済)
  2.災害の監視   5.Xバンド小型レーダ雨量データの補正(特許取得済)
  3.洪水流出解析(特許取得済)

 レーダ雨量データのデータベース化
  1.データベース化の意義   3.データベースの保存方法
  2.データベース化の対象となるデータ

 その他のレーダ雨量計関連技術
  1.二重偏波レーダ雨量計   2.ドップラーレーダ


一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN