トップページ河川情報等へのリンク洪水ハザードマップ公表状況 English
洪水ハザードマップ公表状況

 洪水ハザードマップとは?


洪水ハザードマップは、破堤、はん濫等の浸水情報、および避難に関 する情報を住民に分かりやすく提供するため、市区町村が作成し、公表したものです。     


 洪水ハザードマップが必要な理由


日本は、国土の10%にすぎない河川の氾濫の可能性がある区域に総 人口の約50%、資産の約75%が集中しています。このため、大洪水により万一堤防が壊れると、多くの人命、財産が失われるだけでなく、社会的、経済的に 大きな混乱が発生します。さらに近年、集中豪雨による水害が頻発し、甚大な被害をひきおこすことも少なくありません。
水害の危険性を排除する治水施設は、完成させるまでに多大な費用と時間を必要とします。このため、治水施設の整備とともに、住民ひとりひとりが防災意識を 高め、水害から身を守ることにより被害を軽減することが大切です。
そこで洪水ハザードマップにより、自分の住む地域の水害に対する危険度を知っていただくとともに、災害時に住民が自ら避難活動を行うために必要な情報を提 供しています。


 洪水ハザードマップ公表状況のサイト (国土交通省提供サイトへのリンク)


浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

国土交通省、都道府県が公表している浸水想定区域図に関する情報と市町村が作成した洪水ハザードマップ等に関する情報が掲載されています。


国土交通省 ハザードマップ ポータルサイト

全国の市区町村がインターネットで公開しているハザードマップを検索・閲覧することができます。
 


一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN