トップページ河川情報センターの主な業務危機管理業務 English
危機管理業務

 河川情報センターは、洪水氾濫災害を中心とした自然災害に関する経験と対処のノウハウを有する技術者を多数擁しています。こうした技術力を活かして、皆様の組織の危機管理体制充実のため、演習等を企画立案し、サポートをします。

主な業務 内 容
 危機管理演習 「ロールプレイング」※1や「DIG」※の2方式による演習の企画、演習資料作成、演習実施運営、演習の評価・分析を行います。
詳しくはこちら
 危機管理研修 自治体の職員や国の出先機関の職員を対象とし洪水氾濫災害を想定した研修を行っています。研修では、「被災体験した自治体の関係者」「防災の専門家」「報道機関」などの講師を招いた講義や、ロールプレイング演習を行います。河川情報センター内で毎年10月〜11月頃に3日間のスケジュールで実施しています。 
詳しくはこちら
 危機管理支援システム
 の開発・販売
災害対策本部の情報収集・伝達・共有を支援する危機管理支援システムを開発・販売しています。平成22年に地図機能を追加し、ますます充実しました。
詳しくはこちら
 書籍の制作・出版 危機管理に関する書籍の制作・出版を行っています。 
詳しくはこちら
※1
ロールプレイング:訓練者はあらかじめ決められたシナリオは知らされず、実際の災害に準じた模擬的な災害条件をその場で与えられ対応を検討するという、限りなく実際の災害に近い状況で行われる訓練の手法。
※2
DIG:Disaster(災害)、 Imagination(想像)、 Game(ゲーム)の頭文字をとって名付けられた比較的簡易に行うことができる災害図上訓練の一手法。

危機管理研修のようす 危機管理研修のようす

◆お問い合わせ  危機管理業務部  TEL.03-3239-8447


一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN