トップページ河川情報センターの主な業務研修・シンポジウム等
第17回 河川情報取扱技術研修のご案内
English
第17回 河川情報取扱技術研修のご案内
(平成23年10月25日〜28日)
講義・実習により水文観測の実践力を身につける
 人間もほかの生物も、水がなくては生きることができません。健やかな水循環の中に日々の豊かな生活も存立するものであり、河川・流域における水の動きを把握することは、国土の保全と環境の増進のため不可欠であります。このため、国や公共団体は、雨量・水位・流量などの観測を長年にわたって365日、24時間継続しています。これらの情報は、洪水時に生命・財産を守るためにダム等の施設操作や水防作業に活用される一方、治水・利水・環境に関する河川計画の最重要資料となっています。

的確な洪水・渇水への対応、より良い計画立案・実施に役立てるためには、データの観測から整理・加工・保存に至るまで高度な専門的知識が必要とされます。本研修は、発注者側・受注者側双方が河川情報の中心である雨量・水位・流量のデータを効率的かつ精度を確保しつつ取り扱う知識や技術を実践的に身につけることをねらいとしています。

 研修では、実務経験の豊富な方々を講師に招き、水文観測全般に関わる理論や観測技術、水文観測に関する最新の動向について講義を行うと共に、水位流量曲線の作成や雨量計・水位計などの観測機器の操作、水文観測データの標準照査といった室内実習も行います。さらには、流量観測所において観測機器を用いた実習を行い、最終日には水文観測に関するテーマ毎に受講者同士で議論を行い発表する分科会を実施します。
↓ 以下の各項目をクリックするとさらに情報が見られます ↓
 ● 研修の概要  ● 研修の模様
 ● 研修参加者の声  ● 研修による実践力の習得イメージ
 ● 研修日程シラバス  ● 参加申込書
 
 ●研修の概要
■対  象  者 国、都道府県、区市町村等の水文観測担当者
公益法人、コンサルタント、測量会社、メーカー等の担当者
■研 修 目 的 河川情報の知識や技術の習得
■研 修 内 容
1日目【講  義】 水文観測の基礎知識や政策および新技術、河川情報提供システムの活用、気象に関する最近の話題を座学形式で学ぶ。
2日目【室内実習】 室内にて観測機器の操作方法の実習、水位流量曲線の作成、水文観測データの標準照査の実習などを行う。
3日目【現地実習】 流量観測所において流量観測の実習を行う。
4日目【分 科 会】 水文観測に関する複数のテーマについて、少人数のグループに分かれて討論、とりまとめ、発表を行う。
■研 修 場 所 財団法人 河川情報センター 3F会議室 (地図はこちら
■募 集 人 員 40名 (定員になり次第締切)
■研修参加費 1人約50,000円 (宿泊費、食費含まず)
■問い合わせ先 財団法人 河川情報センター 研究第2部 松本、小田
〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3ニッセイ半蔵門ビル TEL.03-3239-3221 FAX.03-3239-8174
 
 ●研修の模様 (研修状況写真)
講義 室内実習
現地実習 テーマ別分科会
 
 ●研修参加者の声 (前回アンケートより)
色々な面から水文観測ということを知れたのがすごく参考になった。
あまり知らない私でも理解することができ、今後の業務に何かしら役に立つと感じた。
今まで携わったことのない業務について学習することで理解を深めることができた。
流量観測の新技術について、実際に触れることができ勉強になった。
実際に現地を見る機会が少ないため、とても勉強になった。
ADCPを講義で受け、実際に観測し、他方法と比較できたのがよかった。
実際の流観の現場を見ることができ、データの取得のイメージができるようになってよかった。
様々な論点から議論を聞くことができ理解が深まった。
現場で働いている方々と交流できてよかった。
 
 ●研修による実践力の習得イメージ
 
 ●研修日程
 ■第1日目 10月25日(火)  〔講義〕
時間 研修内容 講師
09:15〜
09:45
受付  
09:45〜
10:00
「オリエンテーション」
 (研修プログラムの説明)
 (財)河川情報センター
 
10:00〜
10:05
「開講挨拶」
 (財)河川情報センター
 河川情報研究所長
 中尾 忠彦
10:05〜
10:20
「受講者自己紹介」
 
10:20〜
11:05
「水文観測」
水文観測の基礎知識から流量観測のISO基準などの世界動向まで、水文観測全般について幅広く説明する。
 (財)河川情報センター
 河川情報研究所長
 中尾 忠彦
  (休憩)  
11:15〜
12:00
「国土交通省水管理・国土保全局の水文観測体制」
河川管理者が実施する水文観測の意義、水文観測に関する法令と規程、水文観測体制の現状と課題、国の河川情報に関する政策等の最新動向について説明する。
 国土交通省 水管理・国土保全局
 河川情報企画室 課長補佐
 中村 圭吾
  (昼食休憩)  
13:00〜
13:50
「統一河川情報システムと新水文水質データベース」
統一河川情報システムの操作方法・データの活用法、新水文水質データベースの操作方法・活用法を紹介する。
 (財)河川情報センター
 情報基盤整備部長
 佐藤 宏明
  (休憩)  
14:00〜
14:50
「水文観測の新技術」
最新の流量観測手法を、浮子などの従来の手法と比較しつつ紹介する。
 (独)土木研究所
 リスクマネージメント国際センター
 水災害研究グループ 研究員
 萬矢 敦啓
  (休憩)  
15:00〜
15:50
「気象の知識」
河川管理の観点から知っておくべき気象の基礎知識、特に局地的な集中豪雨の予測について紹介する。
 (財)日本気象協会
 事業本部営業部 部長代理
 櫻井 康博
  (休憩)  
16:00〜
17:00
「水文観測鼎談」
専門家3人が水文観測の最新の話題について意見交換する。
 工学博士
 山口 高志
 (財)河川情報センター
 河川情報研究所長
 中尾 忠彦
 (独)土木研究所
 リスクマネージメント国際センター
 水災害研究グループ 研究員
 萬矢 敦啓
 ■第2日目 10月26日(水)  〔室内実習〕
時間 研修内容 講師
09:30〜
17:00
「水位流量曲線の作成実習/流速計操作実習」
流量観測野帳の確認、観測流量表の確認、水位流量曲線の作成、水位流量曲線の評価をする。また、可搬式流速計などの操作を行う。
 (財)河川情報センター
 災害演習システム室長/
 研究第二部 主任研究員
 藤代 眸
「水文観測データの標準照査実習」
様々な水文観測データを題材に、品質照査の手引きに従い、観測所配置図や自記記録データなどの資料を検討し、標準照査を行う。
 (株)水文環境
 山本 宗之
「雨量計点検操作・自記紙読み取り実習」
転倒ます雨量計の実機を用いた点検操作や動作確認、ロガーデータのwisef変換作業を行う。
 横河電子機器(株)
 第二営業本部 営業技術部
 サービスグループ長
 石井 敏哉
「水位計点検操作・自記紙読み取り実習」
水晶式水位計の実機を用いた点検操作や動作確認、ロガーデータのwisef変換作業を行う。
 (株)拓和
 システム技術部 課長代理
 結城 大介
「ADCP標準ソフト操作実習」
ADCPの設定や観測データから流量を算出するソフトウェアの操作を行う。
 (株)水文環境
 技術係長
 井上 拓也
 ■第3日目 10月27日(木)  〔屋外実習〕
時間 研修内容
08:30〜
18:00
「流量観測所におけるADCPなどの観測機器を用いた流量観測の実習」
「(独)土木研究所の流速計検定施設の見学」

「国土技術政策総合研究所・(独)土木研究所の水理模型実験施設の見学」
流量観測所にてADCPなどの観測機器を用いた流量観測の実習を行う。
土木研究所の流速計検定施設及び国土技術政策総合研究所・土木研究所の水理模型実験施設の見学を行う。
 ■第4日目 10月28日(金)  〔テーマ別分科会〕
時間 研修内容 講師
09:30〜
15:00
「テーマ別分科会」
(受講者による水文観測に関するテーマ別の議論と発表)
受講者同士でいくつかの班に別れ、雨量観測、水位観測、流量観測、標準照査、水位流量曲線などのテーマで議論を行う。
各班は議論した内容をとりまとめ、全体の会議にて発表を行う。
各班の発表に対し、コメンテータを務める講師から評価を受ける。
 (財)河川情報センター
 河川情報研究所長
 中尾 忠彦
 同上 研究顧問
 木下 武雄
 同上 研究第二部長
 栗城 稔
15:00〜
15:30
「修了証授与・閉講挨拶」
修了証授与、閉講挨拶、アンケート提出、解散。
 (財)河川情報センター
 河川情報研究所長
 中尾 忠彦
※研修内容や講師は都合により変更になることがあります。


一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN