トップページ河川情報センターの主な業務研修・シンポジウム等
第46回 河川情報センター講演会 講演記録
English
第46回 河川情報センター講演会 講演記録

講演T 講演U
近年の豪雨災害とドローン・ICTを活用した河道及び河川構造物の管理・保全技術 水害時の住民一人ひとりの行動計画の検討手法について−マイ・タイムラインの取り組み−

○開催日時 平成31年2月21日(木) 13:00〜14:45
○開催場所 秋田市にぎわい交流館AU(あう) 3F 多目的ホール
○講  師
講演T 永吉 武志 氏
 秋田県立大学 生物資源科学部
 アグリビジネス学科 准教授
講演U 向井 正大 氏
 一般財団法 河川情報センター
 流域情報事業部長 (技術士 建設部門)
○講演内容
講演T 講演U
 近年、時間雨量50mmを上回る豪雨が全国的に増加するなど、雨の降り方が局地化・集中化・激甚化している。河川においては、洪水による堰や護岸などといった河川構造物の被害も多く見られ、それら施設の管理・保全のあり方が課題となっている。本講演では、河川構造物の管理・保全技術の開発、更には河道の砂州・ミオ筋等の変動特性を把握するためのドローンやICT等の最新技術を活用した新たな河道管理の取り組みについて、講演していただいた。  2015年9月に関東・東北豪雨において、鬼怒川下流部の堤防決壊により常総市の面積の約三分の一が浸水被害を受け、避難の遅れや孤立が発生したことを踏まえ、住民一人ひとりが自分自身にあった避難に必要な情報・判断・行動を把握し、自分の逃げ方を手に入れるためのマイ・タイムラインの検討手法について紹介していただいた。

【講演会の状況】


↑講演資料は、こちらをクリック
 
↑講演資料は、こちらをクリック
 

一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN