トップページ河川情報センターの主な業務研修・シンポジウム等
第40回 河川情報センター講演会 講演記録
English
第40回 河川情報センター講演会 講演記録

講演1 講演2 講演3
防災のための天気予報活用法 台風21号災害と治水事業の概況及び課題 九州北部豪雨災害からの教訓と復旧復興・地域づくり


○開催日時 平成30年1月30日(火) 13:25〜16:40
○開催場所 OMMビル 2F 201〜203会議室
○講  師
講演1 吉村 真希 氏
 気象予報士/防災士
講演2 中込 淳 氏
 国土交通省 近畿地方整備局
 河川部長
講演3 小松 利光 氏
 九州大学 名誉教授
○講演内容
 近年、これまでに経験したことのないような大雨によって、大規模な土砂災害や浸水被害が増えてきています。
 それに伴って気象情報も進化し、多様化してきました。いざという時のための、気象情報の活用法についてお話しいただきました。
平成29年10月の台風21号豪雨では、堤防決壊等の甚大な被害は免れたものの、近畿各地で内水被害が発生し非常に危険な状態でした。
 そこで現在の河川整備状況や、新たに浮かび上がった課題等をご報告いただきました。
平成23年9月の紀伊半島豪雨を彷彿させる山地崩壊や、土砂・流木災害となった平成29年7月の豪雨災害について気象変動の視点から、また河川復旧計画づくり と、地域づくり・社会づくり自主防災との連携など、今後の川づくりにとって重要な手本となる新しい社会システム構築についてもご紹介いただきました。

【講演会の状況】
↑講演資料は、こちらをクリック ↑講演資料は、こちらをクリック

一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN