トップページ河川情報センターの主な業務研修・シンポジウム等第39回 河川情報センター講演会 English
第39回 河川情報センター講演会

 講演テーマ

講演1 講演2
九州北部豪雨災害による赤谷川流域の復旧状況報告 災害に負けない国土づくり・地域づくり・社会づくり

 講演内容

講演1 講演2
・九州北部豪雨災害の概要
・赤谷川における応急復旧の状況
・赤谷川における復旧の基本方針
・赤谷川における今後の取り組み

※現地の復旧状況等により講演内容を一部変更することがあります。
 地理的・地形的・気象的条件により災害に脆弱な我が国において、安全・安心な国土づくり、災害に負けない地域づくり、物心両面からの豊かな社会づくりをするためには、個別最適と全体最適を両立させる視点が重要です。
 インフラ整備・管理などのハード対策と河川・防災情報の活用、地理・防災教育などのソフト対策を繋ぎ合わせ、何が起きても柔軟且つ臨機に対応できるような仕組みづくりとして「幅を持った社会システム」構築の必要性について講演を行います。

 開催日時

 平成30年1月24日(水) 13:30〜15:40 (開場 13:00)
  講演1 13:35〜14:30  講演2 14:40〜15:40

 開催場所

 福さ屋本社ビル TKPガーデンシティ博多新幹線口 5F
  ※アクセスマップはこちら
  福岡市博多区博多駅中央街5-14 TEL.092-432-7250
 講 師

講演1 講演2

満崎晴也〔みつざき・せいや〕

九州地方整備局
筑後川河川事務所
九州北部豪雨災害対策推進室長


越智繁雄〔おち・しげお〕

一般財団法人 河川情報センター
業務執行理事
(前国土交通省国土地理院長)

《プロフィール》
1958年山口県生まれ。
1983年九州大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了。同年建設省(現国土交通省)入省、関東地方整備局長、国土地理院長を歴任し、現在に至る。1998年阿武隈川水害では東北地方建設局現地対策本部(福島)で活動。2011年新燃岳噴火、東日本大震災が発生した際には政府の防災担当として業務に従事。その後の関東東北豪雨、熊本地震発生時においても、被災状況(情報)の迅速な提供や応急対策活動を支援。

 参 加 費

 無料

 定 員

 150名
 定員になり次第締め切らせていただきます

 主 催

主催 一般財団法人 河川情報センター
後援 九州地方整備局
一般社団法人 九州地域づくり協会
一般社団法人 北部九州河川利用協会
一般社団法人 建設コンサルタンツ協会 九州支部


 申込方法  

 参加申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはメールにて下記までお送り願います。
 ※参加申込書はこちら
 宛先 一般財団法人 河川情報センター 福岡センター
 FAX 092-471-6878
 E-mail fukuoka-info@river.or.jp
  (セキュリティー対策のため@は全角としています)
 締切 平成29年12月28日(火)

 プログラム

 13:30〜13:35 開会あいさつ
 13:35〜14:30 講演1 九州北部豪雨災害による赤谷川流域の復旧状況報告
 講師 満崎晴也 氏 (九州地方整備局 筑後川河川事務所 九州北部豪雨災害対策推進室長)
(休 憩)
 14:40〜15:40 講演2 災害に負けない国土づくり・地域づくり・社会づくり
 講師 越智繁雄 氏(一般財団法人 河川情報センター 業務執行理事 (前国土交通省国土地理院長))
 15:40 閉会

 問い合わせ先

 一般財団法人 河川情報センター 福岡センター 担当:森田、竹下、近藤  電話 092-481-0241  FAX 092-471-6878
  E-mail fukuoka-info@river.or.jp(セキュリティー対策のため@は全角としています)

本講演会は、公益社団法人土木学会認定CPDプログラムです
単位数:2.0単位
本講演会は、一般社団法人建設コンサルタンツ協会認定CPDプログラムです(予定)
単位数:1.91単位
 

一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN