トップページ河川情報センターの主な業務研修・シンポジウム等第27回 河川情報センター講演会 English
第27回 河川情報センター講演会

 講演テーマ

 災害時のデジタルメディア
  〜東日本大震災が示した災害時にソーシャルメディアとデジタルサイネージを活用する際の課題〜

 講演内容

 TwitterやFacebookといわれるソーシャルメディアが世の中に広く存在しています。
 また「大型ビジョン」に代表されるデジタルサイネージが、様々なところに設置されています。
 東日本大震災時において、これらのツールがどのように活用されたか。
 また、それを踏まえて、今後の災害時の活用に当たっての課題や活用の方向性について、お話しいただきます。

 開催日時

 平成26年7月9日(水) 16:00〜18:00


 開催場所

 河川情報センター 4F A・B・C会議室
  ※アクセスマップはこちら
 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3ニッセイ半蔵門ビル
 講 師

関谷 直也 〔せきや・なおや〕 氏

東京大学大学院情報学環 総合防災情報研究センター 特任准教授
専門分野:災害社会学、災害情報論、社会心理学

《プロフィール》
新潟県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科社会情報学専門分野博士課程単位取得。
東京大学大学院情報学環特任助手、東京大学大学院情報学環助手、東洋大学社会学部専任講師、東洋大学社会学部准教授などを経て、2014年4月より現職。
自然災害、原子力災害などにおける災害時の心理、災害時の情報伝達などを社会心理学の視点から研究。避難、災害情報の伝達、災害時のメディア利用、風評被害、原子力防災、放射性物質汚染の心理、パニック、うわさ・流言、買いだめ行動、風化などについての研究。
また、広報・PR論、マスコミ効果、環境問題とメディアなどについても研究を進めている。

 参 加 費

 無料

 定 員

 40名
 ★定員に達したため締め切らせて頂きました★

 主 催

 主催:一般財団法人 河川情報センター

 申込方法  

 下記申込サイトにアクセスし、必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
 ※参加申込サイトはこちら
 問い合わせ先

 一般財団法人 河川情報センター 流域情報事業部 担当:青木  電話 03-3239-8447  FAX 03-3239-0929
 E-mail aoki@river.or.jp(セキュリティー対策のため@は全角としています)

本講演会は、公益社団法人土木学会のCPDプログラム認定を受けています
単位数:2.0単位
認定番号:JSCE14-0219
本講演会は、一般社団法人建設コンサルタンツ協会のCPDプログラム承認を受けています
単位数:2.0単位
プログラム番号:201406230001
 

一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN