トップページ河川情報センターの主な業務研修・シンポジウム等第16回 河川情報センター講演会 English
第16回 河川情報センター講演会

 講演テーマ

 水文情報を活用した既設ダムの治水機能向上

 講演内容

 気候変動に伴う異常洪水が懸念されており、リスクの増大に対処しうる洪水対策のあり方が課題になっています。
 その中で既存施設の治水機能向上を積極的に図っていくことも重要であり、一つの有力な方策にダムの事前放流があげられます。ただし、その実施には水文情報を把握しながらの降雨や融雪、流出の的確な予測が拠り所となる。
 ここでは治水機能向上のために水文情報をどのように活用していくかについて、考え方や課題について講演していただきます。

 開催日時

 平成22年3月25日(木) 14:00〜15:30
                (受付開始 13:30)

 開催場所

 ホテル札幌ガーデンパレス 4階 「真珠の間」
  ※アクセスマップはこちら
  札幌市中央区北1条西6丁目
  TEL.011-261-8711
 講 師

中津川誠 〔なかつがわ・まこと〕 氏

室蘭工業大学大学院 工学研究科 くらし環境系領域 准教授/工学博士

《プロフィール》
 1986年 北海道大学大学院工学研究科衛生工学専攻修了
 1994年 開発土木研究所 環境研究室 主任研究員
 1997年 北海道開発庁 石狩川開発建設部 維持管理課 課長
 2001年 北海道開発土木研究所 環境研究室 室長
 2005年 国土交通省 豊橋河川事務所 所長
 2007年 国土交通省 千歳川河川事務所 所長
 2007年 室蘭工業大学 准教授
《現在の研究課題》
 ・河川や湿原の自然再生に関する研究
 ・流域の水循環メカニズムに関する研究
 ・洪水予測に関する研究
《取得学位》
 博士(工学) : 1993年 積雪寒冷地流域の水文現象のモデル化と環境変化がそれらに与える影響に関する研究

 参 加 費

 無料

 定 員

 50名
 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

 主 催

 主催:財団法人 河川情報センター

 後援:建設コンサルタンツ協会 北海道支部

 申込方法  

 下記の参加申込書にご記入の上、FAX、または参加者氏名と連絡先をメールにてお送りください。
 ※参加申込書はこちら
 宛先 (財)河川情報センター 札幌センター
 FAX 011-757-0522
 E-mail sapporo@river.or.jp
  (セキュリティー対策のため@は全角としています)
 締切 平成22年3月12日(金)
 問い合わせ先

 (財)河川情報センター 札幌センター 担当:仲尾、加藤、古川   電話 011-757-0511  FAX 011-757-0522
  E-mail sapporo@river.or.jp(セキュリティー対策のため@は全角としています)

本講演会は、(社)土木学会のCPDプログラム認定を受けています。
単位数:1.5単位
 

一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN