トップページ河川情報センターの主な業務河川情報センター研究助成制度 English
河川情報センター研究助成制度
 1.研究助成制度の趣旨

 本研究助成制度は、河川及びその流域に関する情報(以下「河川・流域情報」という。)について先端の技術の研究開発を促し、水災害による被害の軽減及び危機管理並びに河川の適正な管理及び利用の増進に資することを目的として、優れた研究開発に対し助成を行うものです。

 2.研究助成制度の概要

(1) 公募期間は、4月1日から6月30日にかけて行います。
(2) 助成対象研究の決定は、10月頃の予定です。
(3) 助成期間は、助成の決定日から原則として1か年とします。
(4) 本年度の助成対象研究の件数は、その年度の研究テーマの中から4〜5件程度の予定です。
(5) 助成対象とする研究者(共同研究の場合は「研究代表者」)は、原則として、大学、高等専門学校又は国、地方公共団体、独立行政法人等及びこれらに付属する機関の研究者、あるいは民間企業の研究者とします。
(6) 助成額は1件につき原則として、200万円を標準とし100〜300万円の範囲内とします。

 平成29年度の募集についてはこちらをご覧ください。
 過去の採択状況についてはこちらをご覧ください。

  【研究助成の流れ】

一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN