トップページ河川情報センターの主な業務河川情報センター研究助成制度
研究助成 採択状況一覧平成28年度 河川情報センター研究助成成果報告会 ご案内
English
平成28年度 河川情報センター研究助成成果報告会 ご案内

 河川情報センターの研究助成制度は、河川及びその流域に関する情報(以下「河川・流域情報」という。)について先端の技術の研究開発を促し、水災害による被害の軽減及び危機管理並びに河川の適正な管理及び利用の増進に資することを目的として、優れた研究開発に対し助成を行っております。このたび研究の成果を発表する「研究助成成果報告会」を開催いたします。
 是非ともご参加下さいますようご案内申し上げます。

 開催日時 2018年5月22日(火) 13:30〜17:45 (開場13:00)
 会  場
 
一般財団法人 河川情報センター 4階 ABC会議室
東京都千代田区麹町1-3ニッセイ半蔵門ビル 会場地図(クリック)
(東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 2番出口)
 主  催 一般財団法人 河川情報センター
 参 加 費 無料
 定  員 40名
 参加方法 「参加申込用紙」に必要事項をご記入の上、FAXで送信願います
 問合せ先 一般財団法人 河川情報センター「研究助成事務局」係
TEL.03-3239-8447 FAX.03-3239-0929
事務局:大和田 josei@river.or.jp(セキュリティー対策のため@は全角)

参加申込用紙
(クリックしてください)

今年度はFAXによる申込みのため、申し訳ございませんが
メール返信による受付確認を行わないことをご容赦願います。


13:30 開会・主催者挨拶
   布村 明彦 (ぬのむら あきひこ)
〔一般財団法人河川情報センター 理事長〕
13:40 基調講演 「なぜ、水災害で情報が重要なのか 河川情報最前線」
   佐藤 寿延 (さとう ひさのぶ)
〔国土交通省 水管理・国土保全局 河川計画課 河川情報企画室長〕
14:40
都市―農村の相互作用を考慮した対話型洪水予測手法の構築と減災対策の提案に関する研究
   阿南 光政 (あなん みつまさ)
〔佐賀大学 農学部生産環境科学科 准教授〕
   弓削 こずえ (ゆげ こずえ)
〔佐賀大学 農学部生産環境科学科 准教授〕
15:15
豪雨災害時の市町村災害対策本部の意思決定における情報ハンドリングの成功・失敗事例の類型化及び対策に関する研究
   梨 成子 (たかなし なるこ)
〔株式会社防災&情報研究所 代表〕
15:50 (休憩)
16:00
広域地震水害を考慮した複合災害避難計画の検討に関する研究
   廣井 悠 (ひろい ゆう)
〔東京大学大学院工学系研究科 准教授〕
16:35
複数シナリオ洪水(最悪を含む)を想定した住民避難・水防団活動支援フレームワークの開発に関する研究
   呉 修一 (くれ しゅういち)
〔富山県立大学 工学部 環境工学科 准教授〕
17:10
水害リスク情報の避難行動への影響過程のモデル化に関する研究
   横田 崇 (よこた たかし)
〔愛知工業大学 地域防災センター長・教授〕
17:45 閉会.

本報告会は、公益社団法人土木学会のCPDプログラム認定を受けています。
単位数:4.0単位
本報告会は、一般社団法人建設コンサルタンツ協会のCPDプログラム承認を受けています。
単位数:3.91
本報告会は、一般社団法人全国測量設計業協会連合のCPDプログラム認定を受けています。
PT数:5.0


一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN