トップページ河川情報センターの主な業務河川情報センター研究助成制度
平成28年度河川情報センター研究助成の募集について
English
平成28年度河川情報センター研究助成の募集について
 1.実施スケジュール

(1) 公募期間は、平成28年4月1日(金)から平成28年6月30日(木)までとします。

(2) 助成対象研究の決定は、平成28年9月末頃の予定です。

(3) 助成期間は、助成の決定日から原則として1か年とします。

(4) 以下の研究を助成対象研究とします。
なお、本年度の助成対象研究の件数は、次の研究テーマの中から4〜5件程度の予定です。
(詳細については研究助成要綱をご覧下さい。)
水災害に係る水文(洪水氾濫を含む)に関する研究
 (水文観測技術(レーダ活用、流量観測高度化など)、浸水域把握技術、氾濫流解析など)
河川情報の提供に関する研究
 (処理・加工・配信技術など)
水災害情報の収集・共有に関する研究
 (浸水状況把握、被害状況把握、災害情報データベース、災害SNSなど)
地域防災力向上に関する研究
 (洪水避難誘導支援、情報リテラシー、地域防災教育など)
水害リスク情報に関する研究
 (水害リスク情報の把握、分析、活用など)
災害時危機管理に関する研究
その他上記に類する研究

(5) 助成対象とする研究者(共同研究の場合は「研究代表者」)は、原則として、日本国内の大学、高等専門学校又は国、地方公共団体、独立行政法人等及びこれらに付属する機関の研究者、あるいは民間企業の研究者とします。

(6) 助成額は1件につき原則として、200万円を標準とし100〜300万円の範囲内とします。

 2.申請手続き

(1) 助成を希望する研究者は、所定の申請書(様式-1-1、1-2、1-4(その1、その2)、1-5、1-6)(共同研究の場合は様式-1-3を追加)に必要事項を記入の上、電子メールにてFRICS事務局(josei@river.or.jp)へ提出してください。
※所定の申請書等のダウンロード、申請書の提出先は下記参照

(2) 申し込み件数は1人(共同研究の場合は1研究グループ)あたり1件とします。
他の研究費助成を既に受けて実施している研究と同一の研究は助成の対象外とします。

(3) 申請書の提出先・問い合わせ先は以下のとおりとします。
  〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
  一般財団法人河川情報センター 企画・調整部内 「研究助成事務局」
   TEL 03-3239-8447 FAX 03-3239-0929
   E-mail: josei@river.or.jp(申請書等の提出先・問合せ先) ※セキュリティー対策のため@は全角となっています

(4) 上記に記載した以外の詳細については研究助成要綱を参照してください。
研究助成要綱は こちら からダウンロードしてください。

 3.申請書に記載された個人情報の利用目的について

申請書に記載された個人情報は、申請者への連絡、情報提供のために使用いたします。
ただし、取得した個人情報のうち、氏名、所属機関名及び役職名は、当事業の広報のために刊行物、報告書、ホームページ等で公表し、第三者に提供することがあります。

 4.研究成果について

(1) 成果発表会を開催いたします。その際は、一般の方にもご参加頂きます。
(2) 「河川情報センターシンポジウム」で発表を依頼することがあります。
(3) ご提出いただきましたプレゼンテーション用電子データ(パワーポイント)は、河川情報センターのホームページに掲載いたします。


【所定の申請書等】
ダウンロードはこちら 様式−1〜様式−5
様式番号 書  類  名 提出時期
 様式−1−1  河川情報センター 研究助成申請書 応 募 時
 様式−1−2  研究者経歴 応 募 時
 様式−1−3  共同研究者経歴 応 募 時
 様式−1−4  研究計画書(その1・その2) 応 募 時
 様式−1−5  研究開発助成費目一覧表 応 募 時
 様式−1−6  研究の目的・意義・概要・手順等 応 募 時
 様式−2−1  請書 助成決定時
 様式−2−2  助成金振込先通知書 助成決定時
 様式−2−3  研究の予定工程表 助成決定時
 様式−3−1  河川情報センター 研究助成成果報告 研究成果提出時
 様式−3−2  成果報告書の概要 研究成果提出時
 様式−4  決算報告書 研究成果提出時
 様式−5  投稿実績(予定)一覧表 研究成果提出時


一般財団法人河川情報センター 〒102-8474 東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル
TEL.03-3239-8171(代)  FAX.03-3239-2434   E-mail frics@river.or.jp ※セキュリティー対策のため@は全角
Copyright (C) 2011 Foundation of River & Basin Integrated Communications,JAPAN